コラム

2018年08月30日

ためになるコラム

腰痛と寝具のお話

寝具が悪いのか、寝起きに腰痛気味?

長く寝ることによって腰痛をひきおこすことを「寝腰(ねごし)」と呼ばれています。
ちょっと腰が痛くなる程度もあるでしょうが、いわゆる「ぎっくり腰」のようになる方もいますね。

実は、どういう寝具(マットレスなど)が良いかについては、人それぞれなのです。

一時は「せんべい布団のように固いものがいい」なども言う人もいましたが、現実には、あまりに固いと寝づらいですよね。寝づらいということは、良くないということです。かといって、柔らかい(柔らかすぎる)布団に長い時間、上を向いて寝ていると、腰のあたりが沈み込んでしまいます。

ですから、選ぶ基準は「寝やすい」かどうか、ということです。

たとえばハンモックのように「ユラユラ揺れているもの」が良いという人もいれば、そういうハンモックのようなのは、かえって寝られない・寝づらいという人もいますので、「コレがいい」というのは一概には、いえません。

ですから、一番良いのは家具屋さんや寝具屋さんで実際にマットレスや布団などの寝心地を体感し、じっくり選ぶのが良いというわけです。

でも現実には、人前でお店の中で靴をぬいでベッドに寝転ぶなどというのは、本当にしづらいものですが、最近ではマットレスやベッドのお試し導入旅館(ホテル)なども出てきていますので、そういうものも利用してみては、どうでしょうか?

選ぶ基準に年齢差もあります

背骨や関節の硬さ・柔らかさには個体差だけでなく、年齢差もあります。

赤ちゃんの時には、とても柔らかいですが、年齢が高くなるにつれて固くなります。
家具や部品でもそうですが、新しい内はスムーズに動くのが30年も経てば、ギシギシしてくる。
そういうのが人間でもありますので、30年・50年と年齢が経てば、その分関節なども固くなってくるわけですね。

60歳間近になってくると壊れやすくなったり、転びやすくなったりするのは、こういった現象の1つということです。

ですから、年齢や状況に応じた寝具やマット選びということも、頭に入れておかれるといいですね。
昔はこの布団が良かったのに、「今は、どうも合わない」と感じられるようになったなら、加齢や身体機能の状況が変化したためということです。

解消するにはどうしたらいいか

はやしばら整形外科では、腰痛体操などもご提案させていただいています。
また、腰が痛いと思っていても、実は他に要因があるケースもありますから、あまり自己判断せずに一度、受診されるのが良いかもしれません。

特に、仕事が休みになるたびに、寝ると「ぎっくり腰」のように習慣化している場合には、寝具だけでなく、生活全体や身体全体にも何かあるのかも、しれません。

ですから、当院で「腰痛体操を習いに来る」ぐらいの軽い気持ちでもいいので、受診してもらった方がよいでしょう。

そして、布団や寝具によって頸椎(けいつい)や腰椎(ようつい)に変化が出てくることについては、次回にまた、じっくりお話しましょう。

他の記事を見る

アクセス

はやしばら整形外科ロゴ
林原整形外科外観

〒563-0042 大阪府池田市宇保町5-8

TEL. 072-753-2333 FAX. 072-753-2866

お車でお越しの場合(駐車場8台完備)

国道176号の城南三丁目交差点を南下し、阪急高架下を越えてすぐ

電車でお越しの場合

阪急宝塚線「池田駅」西出口から高架沿いを徒歩10~15分

お問い合わせ

診療時間
休診日:木曜午後・土曜午後・日曜・祝日・第五土曜

診察受付最終時間 午前は12:00/午後は19:00まで

物理療法受付最終時間 午前は13:00/午後は19:30まで

お問い合わせはお電話でお願い致します。

0727532333

ご来院を検討されている方へ

問診票について

問診票について

当院の問診票のフォーマットをダウンロードできます。ご来院前にご記入していただくと、スムーズに受付をしていただけます。

問診票のフォーマットは
こちらからダウンロード

リハビリテーションの体験について

リハビリテーションの体験について

リハビリテーションの体験に関しては、完全予約制となっておりますので、下記の申込書をご記入の上、FAXにてお送りください。

体験リハビリの申込書は
こちらからダウンロード

わたしたちの取り組み

採用について

私たちのおもいを共有し、通所リハビリや整形外科で、皆様を笑顔にしていく仲間を募集しております。

採用バナー

池田市内のグループ院のご紹介

整形外科だけでなく、池田市内で鍼灸整骨院も展開しております。ご利用を検討されている方はお気軽にご相談ください。